結局は基本とか

どうも、ティンクです!

未だに伸び続けているツイートにもはや戦慄すら覚えていますよ。
ツイッターコワイ。
でも、確実の新しい方とつながれていて、そしてチャンネル登録者数に繋がっていて・・・そこに関してはいい感じですねw
果たしてどこまでこれは続くのか・・・
気長に見守っていきます。



Twitterに速報で書きましたが、セントラルパイソンのマルスが餌を食べました。
それも半年ぶりぐらいにすごい勢いで飛びついてくるレベルでw
巻きつくの本当に久しぶりに見ました。
問題は何をやったのか?ですけども・・・
結局は原点回帰ですよ。
一言で言えばシェルターを置きました。

マルスに対しては昔シェルターを置いていました。
しかし、ある時を境にもうひっくり返したりしまくるは、そもそもあっても入らないわ状態で・・・撤去していました。
それでそのあと特段問題も起きていませんでしたからね。
ただ、今回焦ってはいないとはいえ拒食を直したいとなったときに、基本に忠実であろうと思いました。
なので、今一度飼育設備の検討を行いました。
温度と環境が主です。

最初温度変えました。
それはマルスがケージの中で動き回っていたことと、パネヒがある側と無い側だった場合、気持ちない側にいる時間が多かったので、全体的に少し下げました。
それにプラスとして、シェルターです。
他の子たちを見ていたんですよ。
ホロンはあんなけ水入れ大好きだったのに、新しい水入れにしたら急に入らなくなった。
オレバーはシェルターを変えたら入らなくなった。
うるるはケージの向き変えたら好む場所が変わった。
ちょっと餌食わない傾向はケージのサイズUPの前からありましたが、もしかしたらそれが決定打になったのでは?と思ったんです。
後は成長するにつれて、マルスの気持ちに変化があったんじゃないかと。
前はそこまで気にならなかったけど、食べなくても簡単には死なない現状、より落ち着ける場所を求めたんじゃないかと。
なので、突貫工事でこんなもん作りました。
20170625_235112.jpg 
もうマルスのパワーはすさまじいので、多少なんかやってもひっくり返されるのは目に見えています。
だから、あえて簡単に直せる奴で作りました。
結果・・・
このシェルター入れてからずっとこんな感じです。
たま~に外に出ることありますが、基本中にいて顔だけちょこっと出す感じ。
そう・・・気に入ってくれたようなのです。
つまり、俺の予想は当たった可能性が高いということです。
なので、急遽給餌!
ものすごい勢いで食べてくれたという話に繋がります。

やっぱりある程度基本に忠実であるってことは大事ですね。
大事だから基本なんですよ。
マルスがケージ内をうろうろしていたのは動きたくてではなく、落ち着く場所を求めていたってことなんですよ。
そして今回の教訓としては、自分たちのケージに直接関係ないレイアウト変更や、経年による心境の変化が彼らにもあるということ。
確かになくしたときの判断はおれは間違っていなかったはずです。
でも、今はそうではないということ。
これで今まで?だったことが急につながりだしました。

後はこれが続くかどうかですね。
今回たまたまという可能性もあります。
食い付きの勢い見ていると正解だと思いますが・・・
また2週間後給餌してどんな反応をするのか要チェックしていこうと思います。
これで我が家の拒食組はいなくなりました。
実はオレバーももう回復しているんですよw
食べてくれるようになった喜びは本当に大きかったです。
一安心・・・

COMMENT

- リュウ #x53oBZjY

マルスちゃん、おめでとうございます!
マルスちゃんの給餌動画は何回も拝見させていただいてますが当たり前だけどコーンスネークとは迫力が違いますから本当に拒食を脱して良かったですね!
ペットの拒食は本当にテンション下がりますしね>_<
うちのダイオウサソリも拒食を脱したときは凄く嬉しかったし、しかもピンセットで食べてくれたっていうダブルで嬉しかったですよ(^ ^)

うちも三種類しかいませんが拒食組はいなくなりましたし絶好調です。
お互いこの調子でいけるといいですね!
調子乗りすぎは注意ですけどねw でわでわ^_^

2017.06.26(Mon) 20:07 | URL | EDIT
Re: タイトルなし - ティンク

ありがとうございます!
そうですね、久々に食べてくれるとすごい迫力ですw
やはり食べてくれるシーンは一番の癒しですし、大丈夫だろうと思っていても、心のどこかでストレスになっていますからねw
しこりが取れた感じします。

いいですね~お互いにこのままでいってくれるといいですねw
頑張りましょう!

2017.06.27(Tue) 06:34 | URL

TRACKBACK

↑